KMGニュース

エビングハウスの忘却(ぼうきゃく)曲線

2017/03/18

KMG Co.,Ltd. 美容室経営の未来を創造します

美容室経営繁栄サポート業コンサルティング営業。美容室経営の顕在化・販促ツールの運用をご提案・WEB活用・ブログ活用・DM活用・チラシ活用の必要性をご提案している大坂府堺市西区のKMGでございます。

 

記憶と忘却(忘れるという意味)時間の関係を理解するには、まず、「エビングハウスの忘却曲線」という、超有名な実験結果を知る必要があります。

ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスは、意味のない3つのアルファベットの羅列(られつ)を、被験者にたくさん覚えさせて、その記憶がどれくらいのスピードで忘れられていくかを実験し、調べました。その結果を、グラフ化したのが「エビングハウスの忘却曲線」です。

 

 

忘却曲線

こんなイメージ!!↓↓↓↓↓↓

忘却曲線1

 

このグラフは、同じエビングハウスの忘却曲線に、定期的な復習をした場合の記憶率を記入したものです。つまり、「人間は忘れる動物である!」という事は事実だが、「定期的に復習をすれば、その記憶は確実に定着していく!」という事の方が、もっと大切であるという事です。

 

まさしく『継続は力なり』はこの事からですね

-KMGニュース

トップへ戻るトップへ戻る